淋病は早めに治療しないと重症化して男女ともに不妊症になる可能性があります。薬を飲むことで簡単に治療できます。

淋病は早めに治療しましょう|自宅でできる方法

淋病について

淋病は、淋菌という原生菌が体に移ることで、主に性器周りを中心に体調不良を齎す性病です。一般的に性病というとクラミジアの方が感染する人も多いと言いますが、現在この淋病も急激に増えている性病なのです。淋病は、性病と言うように淋菌保持者と性交することで感染します。感染率も非常に高く危険視しなければなりません。

淋病は放置してしまうと全身に症状が現れることがあります。最悪重症化してしまい、女性男性共に不妊症に繋がる恐れがあります。さらにはHIVなどの性感染症にも通常よりもかなり高い確率で感染しやすくなってしまうのです。放置することで他の人へ感染させる可能性も高くなりますので淋病は早めに治療しましょう。

淋病の治療方法

男女問わず感染し、症状が分かりにくいことから放置してしまいがちになる淋病。先程もご説明したように症状が悪化すると不妊症になりかねない病気でもあります。とても危険性が高い病気といえるので、気付いた時点でいち早く治療を行わなければなりません。淋病を含め性病については、感染後すぐに対処した方が進行具合も少なく、完治しやすいと言われている為、少しの体調不良も見逃さないことが重要でもあります。

病原体は細菌なので治療は主に抗生物質を使って行います。それにより細菌を死滅させて症状を治します。使用する抗生物質はいくつか種類がありますのでそれぞれを簡単ではあるのですがご紹介致します。

ジスロマック

ジスロマック

良く使われる薬の代表としては、ジスロマックがあります。淋病の場合は、1000mgの用量を1日2錠1回服用します。淋病については、一気に高用量の成分を体に投入することで殲滅させる方法が効果的と言われている為、1回に服用する用量が多いのも特徴です。

また、この薬は有効成分が非常に長く体内に居続けることが出来るため、1回服用すれば1~2週間ほど効果が続くので、連続して服用する必要はありません。よく知られていることとは思いますがクラミジアの治療も可能です。使い方は同じように高用量を服用して原因菌を死滅させます。

クラビット

クラビット

ジスロマックと同じくクラビットも代表的な治療薬になります。服用方法は症状によって異なる場合がありますが、1日1回500mg(2錠分)を服用し、それを1~2週間続けます。ジスロマックと違い、体に長く居続けることはできませんが、1回の攻撃力が高いことから、少量を複数回分けて服用して攻撃を絶えず行うといった方法が取られます。クラビットもまた、ジスロマック同様クラミジアを治療することが出来ます。

その他使われている抗生物質

その他使われている抗生物質

その他、セフトリアキソンやセフォジジム、スペクチノマイシンなどの液体治療薬を使って点滴や注射を使って体内に取り入れる方法で治療する場合もあります。ちなみに第一選択になるのはセフトリアキソンの静脈注射です。以前は性病の救世主でもあり、梅毒の特効薬とも言われるペニシリンが使われていましたが、耐性化しやすいことから、今ではペニシリンに変わって上記の薬が使われるようになっています。

通販で淋病の治療

通販で淋病の治療

淋病などの性病については、医療機関にかかることを避けたがる傾向が強い病気とも言えます。とはいえ、医療機関にかからなければ、すぐには治療薬が手に入りません。そういった場合はどうしたらよいかというと、通販で海外医薬品を予め手に入れておけば万事大丈夫なのです。

海外医薬品の購入=個人輸入

海外医薬品は海外で製造販売されている医薬品になります。その為、国内のドラッグストアでは全く見かけることが無いでしょう。通販で手に入れるということは、個人輸入をしているという事になるのです。個人輸入は、海外で販売している商品を個人が使用する目的で購入する方法でもあります。

個人で使用する分には、違法薬物ではない限り、処方箋医薬品でも一定量を超えなければ法に触れることはありません。但し、個人で使用するのではなく、販売するとなると販売許可証などの証明が必要になったり、薬の場合は法に触れる場合があるので注意しましょう。また、個人輸入で高額商品などを購入した場合は、関税などの税金がかかる場合もあるので注意が必要です。

通販なら面倒な手続きナシ!

通販なら面倒な手続きナシ!

ですが通販サイトで購入する場合、大体がこうした面倒な手続きなどを代行して行ってくれています。その為、薬以外の通販で商品を買うのと同じように、通販サイトでお目当ての薬があれば、それをクリックしてカートに入れ代金を支払って注文するだけで済むのです。同じようなことを繰り返してしまうかもですがさながらショッピングサイトのような操作で簡単に購入出来るということです。

法に触れるかどうかについては、ちゃんとしたサイトであれば厚生労働省の指示に従って、販売数量なども法に触れることない範囲で販売されているので、何も考えずに購入することが出来ます。支払い方法については、サイトによってまちまちですが、代引きもあればクレジット支払いもでき、本当に他のネットショッピングと何ら変わりありません。違うところと言えば、海外から直接発送されるので、1週間ほど届くのに時間がかかるという点になります。

通販で購入するメリット

通販で購入するメリット

海外医薬品を購入する上での利点は、その価格の安さです。海外での販売価格となることから、非常に安く購入することが出来ます。国内で販売されている3分の1ぐらい安くなっている場合が多いので、非常に経済的です。ただ為替によって価格が変更してしまうこともあります。そういったことが分からなければサポートに聞いてみましょう。特に長期で薬を利用しなければならない方にとっては、まとめ買いで更に安くなることもあるので、より医療費負担が軽減することが出来るはずです。

より安価な価格を求めるならジェネリック

更にお得なのは、まだ国内では販売されていない新薬のジェネリックを販売していることです。上記で紹介したジスロマックやクラビットのジェネリックも通販では手に入れることが出来ます。ジスロマックでいえば、AZEE(アジー)という商品、クラビットでいえばLQuin、レボフロックスなどが有名です。

AZEEは1錠200円台と新薬の半額程度で購入でき、LQuinやレボフロックスは1錠100円以下という新薬の4分の1以下で購入できるというお得さがあります。このくらい値段が安ければ、常備薬として購入しておいても損はないと言えるでしょう。特に性病に関して言えばどこで感染するか分からない危険性があります。

特定の相手からでも感染してしまう可能性もあるため油断が出来ません。そういった時に使えるよう事前に購入するという方法も1つの手段として考えておきましょう。仮に使う日が来なかった場合、薬にも消費期限がありますのでその日が過ぎてしまったら捨てて下さい。言い方はかなり悪いですが、ジェネリックならばそこまで高くないですし躊躇しにくいため思い切りやすいと思います。そしてまた新しく買い直す、というのもありだと思うので1つの方法でこういうのもあると覚えて頂ければと思います。

淋病の感染経路

後程にもご説明するのですがクラミジアと同じように自覚症状が分かりづらいため、感染者は発症に気付かない場合も多く、感染場所は性器に留まらず、オーラルセックスをすれば喉の粘膜にも移ります。不特定多数の人と性交したり、避妊具を使わない場合により感染率が上がってしまいます。1回の成功で50%と言われているため、単純計算をすれば2回に1回は感染してしまうという可能性があるのです。

稀に淋菌所有者が、淋病を発症している患部をタオルなどで拭いたりしたものを共有することでも感染してしまうと聞いています。淋菌はとても弱いため粘膜でしか生きられないのですが、接触するだけでも感染するということを理解しなければなりません。そのためにも確実に治療を行って下さい。

淋病の原因

性病にはいくつかの病原体があるのですが、淋菌という細菌によって発症します。そのため別の名称として淋菌感染症とも呼ばれています。温かくて湿った場所を好み、空気に触れると死滅するくらい弱いのですが、性器だけではなく咽頭でも生息できるので、どの部位だろうと粘膜のある箇所は感染に気を付けなければなりません。

ちなみに淋病はかなり古い時代からあった病気で、病名の由来は淋しいという字が使われていますがそういった意味合いは全くありません。どうやら「淋」という字が症状である尿道の炎症により尿道内が狭くなり、尿の出が悪くなる表現を表したのでは?といったものです。確かにそう考えればしっくりくると思いますね。

淋病の症状

淋病の症状

感染後、数時間~数日で発症しますが、クラミジア同様に分かりにくいことから、感染したことに気が付かず、症状が悪化してから治療に取り掛かることが多い病気でもあります。男女共に感染をしますが取り分け男性の患者が多い症状です。しかしそれは女性に比べると症状が分かりやすいからであり、実際は女性の感染者もかなり多いのでは?と考えられています。

女性に起きる症状

女性の場合、感染初期はおりものの量が増えたり、臭いがきつくなる、排尿痛が起きるなどが挙げられます。悪化すれば子宮内に淋菌が潜り込むことから、子宮頚管炎を招き不妊症に陥る危険が高まります。喉に感染すると咽頭炎になりますが、より淋病と分かりづらいことから、感染が進みやすいと言われます。

更に女性が感染しても、数週間~数か月間潜伏していることも多いため、感染に気付かず妊娠すると母子感染まで引き起こしてしまうので、少しでもおかしいなと思ったら一度検査を行って下さい。また陽性であった場合には確実に治療を行いましょう。

男性に起きる症状

男性の場合は特に淋病にかかる割合が多く、男女の比率でいえば70%にものぼります。初期症状は勃起時や排尿時に痛みが走り、症状が進めば尿道の炎症が悪化して膿が排出されます。膿も透明な状態なので、下着についても気が付きにくく、下手をすればカウパー液と判別つかずに放置してしまう可能性も高いと言われます。そして放置してしまえば、精巣にまで淋菌が蔓延して精巣炎にかかり、最悪不妊症に発展する危険も高まります。男性にも不妊症があり、それがいわゆる無精子症というものです。

淋病の予防方法

淋病の予防方法

淋病の治療は抗生物質を服用しますが、そもそも淋病にならないように予防することも重要です。淋病の患者は男性の方が多いとされていますが、女性は症状が出にくい事から知らない間に感染している可能性も高いのです。淋病の感染率は高く、パートナーが感染していれば自分も感染していると考えたほうが良いでしょう。

ではどのように淋病を予防すればいいのか?

絶対に淋病に感染したくない!とお考えであれば性行為をしないのが一番の予防方法でしょう。しかし性行為は子孫を残す以外にもコミュニケーションを図る必要な行為であり、さらには人間の欲求を満たす必要行為となっているのです。もちろん人それぞれですので、一切性行為に興味がないという人も中にはいらっしゃいます。

淋病は性病ですのでもちろん性行為によって感染するのですが、性行為以外でも実は感染することがあるのです。トイレやタオルお風呂などでかなり稀なのですが感染することもあるそうです。もちろんあまり考えすぎるとトイレやお風呂に入ることもできないですし、淋病の感染のほとんどは性行為であることは間違いありません。

では性行為での淋病の感染を予防するにはどうしたらいいか?その答えですが、一番はコンドームを着用する事です。コンドームは避妊以外にも性病予防でも大きく役立っています。もちろん100%性病の感染を防ぐことはできませんが、淋病以外の性病に関してもコンドームを着けているだけで感染率は大きく異なってくるのです。

しかしここで注意が必要なのが、淋病やクラミジアはオーラルセックスでも感染するという事です。性器同士の挿入だけでなく、口で性器を舐めるといった行為でも感染してしまうのです。口で行う際にコンドームを着けている人は少ないのではないでしょうか?性器から喉へ、喉から性器へと感染してしまうのです。

特に風俗などでは不特定多数と関係を持ちますので、性病に関しては注意が必要となります。もし心当たりがあれば一度検査するか治療を行いましょう。

淋病の検査

淋病の検査

もし淋病かもしれないと感じたら早急な検査や治療が必要です。淋病の検査の場合病院へ行く必要がありますが、様々な事情から検査に行けず治療もせずそのまま放置してしまっている人もいます。

淋病を放置することは感染拡大してしまう他自分自身も重症化してしまう可能性があります。さらに淋病に感染した場合他の性病に感染する確率もあがってしまうのでやはり早急に治療する必要があります。

実は淋病の治療薬同様検査薬も通販で購入することができます。通販の検査薬の場合2パターンあり、自宅に届いた検査キットを検査機関に提出しネットで検査結果を見るものか、自宅に届いた検査キットでその場で検査し、その場で検査結果が見れるものがあります。

特にお勧めなのが自宅で検査結果がすぐわかるタイプのものです。検査結果が15分ほどで判明するのでもう一度検査機関に送るという手間もないのでとても便利です。この検査キットですが、個人輸入でしか購入できないので、やはり手元に届くまでに時間がかかってしまいます。備えあれば憂いなしで気になる人はチェックしてみましょう。

淋病の治療について

淋病の治療について

淋病は男女ともに感染する性病で、多くが尿道や女性の性器、咽頭、直腸などに影響が出ます。特に男性に症状が表れやすく患者数も男性の方が圧倒的に多いとされているのですが、女性は症状があまり出ない事から感染医していることに気づかない場合も多くなっているので、実際の患者数は正確なものではありません。

男性の場合淋病に感染すると淋菌性尿道炎を多く発症させ、尿道に強い痛みを感じるようになり膿も出てきます。通常の性器同士の性行為だけが感染源ではなく、口での行為でも感染するため女性の咽頭に無症状のまま感染しており、そしてまた更に違う男性に口での行為をした時に感染するという知らない間に感染してしまうことが多くなっています。

淋病は性病の中でも感染者が多く、尚且つ感染率も高いため蔓延してしまうのですが淋病を治療せず、放置することによって重症化するだけでなく、不妊症を引き起こしたり。HIVなど他の性病に感染してしまう確率も通常の5倍とかなり上がってしまうのです。

淋病の治療は難しいものではなく、抗生物質によって薬を服用するだけで治療することができるので、感染していることに気づいたら早急に治療することをお勧めします。

淋病の治療は通常市販薬では行えない為病院へ行く必要がありますが、海外で一般的に販売されている淋病の治療に使われている抗生物質であれば個人輸入で通販することができます。通販で淋病の治療薬が簡単に購入することができるのですが、抗生物質は耐性が考えられるため、頻繁に使用することは推奨されていませんので定められた用法、そして用量で治療を行いましょう。

個人輸入で淋病の治療薬を購入する場合、海外からの発送という事を覚えておくととても便利です。なぜなら日本国内の通販とは異なり、注文してから届くまでに1週間程度かかってしまうからです。すぐ欲しいのにすぐ届かないという事は困りますので、あらかじめ購入しておき必要な時に使用するするという事が一般的な利用方法となっています。

淋病の治療の体験談

淋病かもしれないと気づいた時はもうすでに遅く妻と夜の営みをした後でした。なんか行為後尿道に違和感を感じなんと先っちょから膿が出ていたのです。もちろん妻にはこの話をしませんでした。なぜならこの感染元は妻ではないからとすぐ分かったからです。

妻と夜の営みをしたのがとても久しぶりだったのと、実は仕事帰りに妻に内緒で風俗に行っていたので確実にその風俗でもらってしまったというのはわかりました。一応妻のことを気にして口だけのサービスのお店に通っていたのですが、やはりそれでもうつるもんなんですね。

私はその日のうちに実は密かにネットで購入しておいた淋病の治療薬を飲むことにしました。そこまで服用回数が多いものではなかったので妻に気づかれないように会社でも飲んだりしてました。そしたら1週間後には痛みも膿も無くなったのでやはり備えあれば憂いなしだなと改めて思いました。

しかし一つ心配なのが妻に感染していないかという事です・・・

妻に感染していた場合感染源は私しかいない為かなり怪しまれること間違いなしです・・・