クラビットは市販されているの?淋病の治療などに使われている抗菌薬のクラビットについてご説明。

クラビットは市販されているの?

クラビットについて

クラビットは日本国内では国内大手製薬会社5社の内の一つでもある第一三共株式会社が製造販売している抗菌薬です。クラミジア淋病の治療にも効果を発揮するとして有名な商品でもあります。様々な感染症の治療に使われているクラビットですが、日本国内では医療用医薬品で処方箋薬として定められているため、病院で処方してもらう必要があります。そのためクラビットは市販されてはおらず、ドラッグストアやスーパーなどで購入することはできないのです。

え?クラビットは市販されていないの?

その答えは上記で説明した通り、市販されていません。しかし病院で処方してもらう以外にクラビットを購入する方法が実はあるのです。

クラビットを通販で購入

クラビットは処方箋医薬品に分類されます。その為、すぐに入手したいという場合は医療機関に行く他ありません。性病の治療は恥ずかしい、と思って躊躇していても何も解決はしないので必ず行くようにしましょう。放置をしていても自然治癒することが無いですから、他人へ迷惑をかけないためにも必ず行って下さい。

但し海外医薬品であれば、通販でも購入は可能です。個人輸入ということになるので処方箋をもらう必要がありません。特別な手続きなども不要なのでいつも利用しているようなショッピングサイトの感覚で買い物を楽しめます。医療機関で処方されるよりも安く購入が出来るのがメリットではありますが、クラビットに関してはそこまでの差がないと思います。250mg1錠で見た場合、医療機関は415円で通販では350~380円前後です。

さらにその価格差に言及すれば大体の方は保険証を持っているでしょうから3割負担です。通販の大きなメリットである価格差をあまり感じられないと思います。もしも購入されるとしたらストックとして持っておきたい場合か、医療機関へ行けなくてどうしても欲しいと思われた場合でしょう。

クラビットのジェネリックで安く購入

クラビットのジェネリックで安く購入

そこでジェネリックを強くおすすめします。クラビットにもジェネリックがあり、海外製はかなり安い価格で販売されています。日本では承認されていない薬ですので通販を通して購入しなければ手にすることは出来ません。いくつかのラインナップがありますが、人気のジェネリックはLQuin(エルクイン)という製品といい250mg1錠がおよそ85~90円と脅威の安さです。

当然クラビットの有効成分レボフロキサシンが配合されていますので同等の効果を得られます。コストパフォーマンスを優先するのであれば断然ジェネリックを利用するのがおすすめです。ぜひお試しいただければと思います。

合成抗菌薬とは?

合成抗菌薬とは抗生物質の仲間でもありますが、微生物が作った化学物質を元に作られている抗生物質だけではなく、人工合成の化学物質も使っている点が特徴です。その為、抗生物質よりも攻撃する菌をより選択的にすることで、副作用も少ないといった特徴を持っています。また、抗菌薬の特徴でもある、菌が増殖するために必要なDNAを読み取る為の酵素(DNAジャイレース)の働きを阻害することで細菌の増殖を防ぎ、最終的には死滅させるという作用があります。

クラビットの効果

クラビットの効果

クラビットもこの特質を受け継いでいることから、攻撃する菌を選択し、更に抗菌薬特有の体動性を生かし、素早く病原菌のある場所に移動して滅菌に導きます。非常に幅広い抗菌力を持っていることから、肺炎、マイコプラズマなどの気管支炎以外にも、中耳炎、外耳炎、歯周病などの多くの炎症を鎮めることが可能です。

先程説明したように作用機序としては淋病とクラミジアの病原体は細菌ですので、DNAジャイレースの働きを阻害してその合成を防ぎ菌の増殖を防ぎます。それが出来なければやがて死んでしまうので原因となる菌がいなくなり、症状が治まっていきます。

クラビットの飲み方

淋病やクラミジアに対しては回数よりも高い濃度を1回に摂取したほうが有効だと言われています。ですので今まで行われていた100mgを1日3回ではなく、500mgを1回の方が殺菌作用が強いため早く治療でき、耐性菌の発生も抑えられます。こういった薬のことを濃度依存型薬物と呼びます。ですのでクラビットで淋病、クラミジアを治す際は高濃度で飲むようにして下さい。そして飲みきることも大切です。症状が軽減したからといって服用をやめてはなりません。

クラビットの副作用

副作用としては、ジスロマック同様出にくいとされていますが、発疹などのアレルギー症状や吐き気、下痢などの消化器系の副作用も出やすいとされています。また、ニューキノロン系の薬に特徴的な光線過敏なども起こりやすいと言われています。光線過敏とは、いつもは平気なのに、なんだか太陽の光が非常に眩しく感じられたり、皮膚が太陽の日を浴びることで日焼けしたように赤くなったり、酷い場合はやけどのような症状が起こる状況を言います。

クラビットは市販されていないけど通販で購入することができる

クラビットはレボフロキサシンを主成分とした合成抗菌薬で、淋病の治療はもちろんクラミジアの治療、マイコプラズマの治療、や目薬などにも使用されている幅広い活躍を持っている抗菌薬です。そんなクラビットですが市販薬では無く処方箋薬の為病院で処方してもらう必要があります。

しかし個人輸入と言う方法でクラビットを通販することができるのです。市販はされていないけど通販はできる。少し難しいですが、個人輸入をすることで家に居ながら誰にも知られずにクラビットで淋病の治療をすることができるのです。もちろん日本国内では市販されてはおらず処方箋薬として定められているので、個人輸入でクラビットを購入した場合使用に関しては自分での判断となりますので、使用方法などは必ず守りましょう。